千話


CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
BOOKMARK
PROFILE
OTHER
  • RSS 1.0
  • 管理者モード
  • 処理時間 0.044272秒
  • 現在のモード: ゲストモード

  • BLOGNPLUS(ぶろぐん+)




    No.14 
    2010.08.02 Monday
    (先日のあらすじ)
    Amazonでマキシ丈のワンピースを買ったら、もう本当にマキシマムで、10cmのヒールを履いても裾を引きずるくらい長いので、丈を詰めようと試みたが、裁縫が苦手でろくな技術がなく、裾を折るのは無理だし、丈詰めに便利なフレア部分の切り替えもないしで、どうしようと悩んでいたところ、何かが閃いた!もしかしてわたしって天才!?という話。

    その天才的(自画自賛)なアイデアというのは、持っているスカートにレースで切り替えを入れているものがあったので、着物のおはしょりみたいに生地を折って縫いつけて、縫い目をカモフラージュするためにレースを付けてしまおうというもの。

    生地がすごく薄くて柔らかく、思った以上にまっすぐおはしょりを折るのは大変だった。待ち針を大量に打って固定しようと思ったら、針の太さとスカートの重みで生地に穴が開いてしまうし、少し動かすと滑って針が抜けてしまう。
    待ち針を使うのは諦めて、しつけ糸で数箇所、軽くしつけ縫いをすることに。その後、縫い位置がずれないようにアイロンをしっかりかけて、準備完了。
    これだけで1時間以上かかってしまった。

    ▼ 続きを読む

    | 買ったもの | 22:29 | comments (0) | trackback (0) |



    新しい記事