千話


CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
BOOKMARK
PROFILE
OTHER
  • RSS 1.0
  • 管理者モード
  • 処理時間 0.072947秒
  • 現在のモード: ゲストモード

  • BLOGNPLUS(ぶろぐん+)




    ゆめのの 
    2009.01.10 Saturday
    「蟲師」の実写版を観た。
    うーん、原作が好きなものの実写版は見ない方がいいかなー。いや、原作が好きだからこそ見たくなるわけだけども。

    とりあえず良かったところは役者さんと、映像が丁寧に作られていて美しかったことかな。でも原作の温かい雰囲気とか透きとおった柔らかい感じは全然なかった。まあ、あれを実写で表現することは無理だと思うけれど。他は残念な部分が多いので、続きはワンクッション入れます。

    まず、淡幽は倒れすぎ。あと、真火はなんで女の子にしちゃったんだろう。母親との絆も全然描かれていないし、アニメの真火がむちゃくちゃかわゆかったので、期待していたんだけども。
    江角マキコは美しくて凛としていて、ぬいのイメージにぴったりだったけど、原作のヨキとぬいの別れのシーンをあんな蛇足(あえて蛇足と言わせてください)を入れて歪めないで欲しかった。ぬいは本当に好きなキャラなので、怒りすら。
    最後のギンコの処置も意味が分らないし。曖昧なラストは嫌いじゃあないけど、作り手の自己満足は商業作品としては致命的。
    そもそも、一緒にトコヤミに食われたギンコに記憶がないのに、なんでぬいには記憶があったの。もう不満点を挙げるときりがないよ~…。

    話はツギハギだらけでよく分らなからないし。というか、これ、原作知らない人に分るのか。ストーリーが破綻しているもの。原作のぶつ切り具合と物語の破綻の度合はハウルに通じるものがあるなー。

    基本的に原作と映画、アニメ等の二次作品は別ものと考えているので、展開が違っていたりオリジナルのキャラクターが出てきたりするのは一向に構わないのだけども。その作品のタイトルを使い、キャラクターを使う以上は、少なくとも原作の真髄の部分は守るというのが鉄則じゃないのかしら。まったくの別ものを作るのならば、オリジナルでやって欲しい。

    蟲師はアニメが素晴らしくて、神の如く思っているので、実写のこの出来は非常に残念。うううん、でももう一回観る。役者さんは本当に良かった。そしてラストに爆笑した。なんであそこで光るの…!

    | 観たもの | 21:44 | comments (0) | trackback (0) |


    コメント


    この記事にコメントをつけます。







      
    トラックバック

    この記事のトラックバックURL: http://mille.s141.org/tb.php/28


    トラックバック一覧

    新しい記事
    古い記事