千話


CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
BOOKMARK
PROFILE
OTHER
  • RSS 1.0
  • 管理者モード
  • 処理時間 0.049325秒
  • 現在のモード: ゲストモード

  • BLOGNPLUS(ぶろぐん+)




    苦労話 
    2011.12.14 Wednesday
    ネイルアート後にアレルギーが出た件については、ちゃんとした医療機関で調べてもらったわけじゃないので、ハードジェルが原因だと断定はできないのだけども。
    今回、ソフトジェルだけで施術したら全然反応がなかったので、とりあえず、反応があったときの組み合わせ(ハード+ポリッシュ用のトップコート+速乾スプレー)は使用を控えようと思う。

    というわけで、ソフトジェルを使って初めてのチップオーバーレイ!

    ツイッターで、ハードが使えなくなっちゃってぇ、不器用すぎてアクリルは使いこなせる気がしないしぃ、サロンに通うのは面倒いしぃ、長さ出せないよぉ、どうしよぉとグダグダしてたら、天の声。
    「チップオーバーレイをやりなさい」(嘘)(命令形ではなかったです)

    チップを使うから、人工爪の形成は必要ないし、チップを貼って境界をジェルで誤魔化せば終了~!
    フォームも要らないし、ハードようにジェルの横流れも気にしなくていいし、強度は劣るかもしれないけど、かなり楽なんじゃねーの?と思ったら、そんなに期待したほど簡単でもなかった…。

    まあ、ネイルのことは大抵、机上の空論。案ずるより産むが難しいので、予想通りとも言えるけど。

    教本とDVDを観ながら進めたんだけど、初めてやってみて、非常に苦労した点。
    1、チップのカーブが自爪に合わない
    2、ウェル部分のサンディング
    3、チップの装着
    4、チップと自爪の段差がなくならない
    5、チップのアウトラインの形成
    6、表面のサンディング

    まず、チップのカーブが自分の爪に合わない。
    結構カーブがきついチップを使ったんだけど、それでも、自分の爪の方が曲がってた。
    巻爪っぽい形は気に入ってるんだけど、今回ばかりは自爪のカーブのきつさが嫌になったよ…。

    カプリのウルトラCカーブなら大丈夫かなー。でも、あれ、ラインがストレートだからハイポイントが取りにくそうなんだよねー。
    教本には、温めて調整しろって書いてあるけど、10本全部温めるの…?気が遠くなりそう…。

    次に、爪と接着するウェル部分を削れって指示だったので、ファイルでサンディングするも、チップが細くてカーブがかかってるので、均等に削れない。
    教本にもDVDにも削った後の絵がないので、どの程度ファイルをかければいいのかさっぱり分からんのだが、もういいや。ここは適当に進めます。

    さて、いざチップが出来上がって、爪に装着しようとしたものの、グルーの性能がスカなのか、まーなかなか爪とくっつかない。
    接着面が狭すぎるのかなとも思ったけど、教本通り(ベットの1/4くらい)にやったんだよなー。

    うーん、もっと深く乗せるべきか。と思いながらも、上からチップを抑えて固定しようとしたら、はみ出たグルーに指がくっついて、指とチップと爪の三位一体みたいな状態に。

    …何これ、利き手だからうまくいかないの?
    …え、わたしの左手はチップを貼ることすらできないの?
    …スカなのは、グルーじゃなくてわたし自身?

    とまあ、もうこの段階で、かなりうんざりしつつ、ピンセットで固定すること30秒。どうにかグルーが乾いたので、自爪との段差部分にグルーを塗ってアクティベーターで硬化。

    横から見るも、まだ段差があるので、もう一度グルーを塗ってアクティベーターで硬化。
    横から見るも、まだ段差があるので、もう一度グルーを塗ってアクティベーターで硬化。
    横から見るも、まだ段差が…ってだんだん段差が大きくなってんじゃん!

    自爪との境をフラットにしろって、教本に書いてあるのに…これ、削れってか?

    これを削ってフラットにするのはあまりにも面倒だったので、ジェルを厚めに塗って誤魔化すことにして、先へ進む。

    いよいよチップのアウトライン形成へ。しかし、ここでも難題が!!

    というわけで、打つのも疲れてきたので、次回へ続きます。

    | 塗ったもの | 23:10 | comments (0) | trackback (0) |


    コメント


    この記事にコメントをつけます。







      
    トラックバック

    この記事のトラックバックURL: http://mille.s141.org/tb.php/112


    トラックバック一覧

    新しい記事
    古い記事